ペットや人のヘルニア治療は早めに行う必要がある

主な症状

椎間板ヘルニアは、人間だけでなく動物も発症します。
ペットとしてよく飼われている犬も、犬種によって椎間板ヘルニアになりやすいことが分かっています。
主な症状として、歩き方がおかしくなったり、運動を嫌がったりします。
その他にも前足や後ろ足が麻痺するといった症状もあります。
犬は、話すことが出来ないため、飼い主がしっかりと気づいてあげることが大事になってきます。
自分のペットの犬の様子がおかしくなったら、すぐに動物病院のような専門機関に受診しましょう。

主に椎間板ヘルニアになる犬は、ダックスフンドやシーズーなどです。
ダックスフンドは、胴長短足のため、脊髄圧迫を起こしやすくなります。
椎間板ヘルニアになる年齢は3歳から6歳といった若い年齢で発症することが多くなっています。
重症度によって、椎間板ヘルニアのグレードが定められています。
グレードが4・5までになると、麻痺して痛みを感じないレベルにまで達してしまいます。
その状況になるまで放っておかないことが大切です。

犬の椎間板ヘルニアは、痛みから始まって最終的に麻痺に至ります。
通常正常に働いている椎間板が、飛び出して異常をきたして痛みを引き起こします。
様々な治療法があるので、まずは病院に行って検査を受けさせましょう。
飼い犬は、家族の一員です。
そのまま苦しめる訳にはいきません。
通常背中から腰にかけて発症するものなので、触れたきに異常に反応したときには注意が必要です。
毎日しっかりと見てあげることが予防につながります。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013