ペットや人のヘルニア治療は早めに行う必要がある

原因と治療法

犬も椎間板ヘルニアになりますが、原因も様々です。
主な原因としては、激しい運動によるものと考えられています。
また、骨の老化によって起こる椎間板の損傷が原因となっています。
犬が飛んだり跳ねたりする、肥満気味といった原因によって、クッションの役割をしている椎間板に負担がかかり、損傷することによって引き起こります。
椎間板が損傷すると、髄核が飛び出て神経を圧迫してしまいます。
麻痺や痛みは、これが原因となって引き起こっています。

主にミニチュアダックスフンド・プードルやパグといった軟骨異栄養症犬種と呼ばれる犬に、椎間板ヘルニアの症状が現れます。
若い時期に、椎間板ヘルニアが発症するケースがとても多いです。
この軟骨異栄養症犬種以外の犬でも発症することはありますが、加齢によって引き起こるケースが多くなっています。
治療は、症状が軽いうちに行うほうがいいでしょう。
軽度の椎間板ヘルニアのときには、内科的治療を行います
内科的治療とは、薬で患部の痛みを鎮めるものです。
安静にすることが、一番の治療につながります。

その他に、犬の椎間板ヘルニアの治療法として、外科的治療です。
内科的治療で様子を見て、それでも症状が緩和されないときに行われます。
外科的治療は、重症のときに行うものと捉えるといいでしょう。
神経の機能回復に向けてリハビリを行います。
命の危険は少ない犬の椎間板ヘルニアですが、注意は必要です。
激しい運動をさせない・肥満にならないように食事管理をすることが予防につながります。
家の段差を少しでも低くすることも、予防になります。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013